DMM英会話 口コミ

DMM英会話は口コミやCMでも評判のオンライン英会話ですが人気の理由はこういった知名度ばかりではないようです。

英会話レッスンとしては格安価格と教材費無料という点でも人気を集めているようです。

DMM英会話のレッスン内容や講師の選び方などを紹介します。

DMM英会話 口コミ/おすすめの理由

DMM英会話おすすめ

DMM英会話はスマホやタブレットでも受講できるオンライン英会話の先駆けという面もありますが、他にもいくつかおススメの理由があります。

 

DMM英会話は6,480円/月という格安値段から

6,480円/月という価格はもちろん最安値ですが、英会話レッスンの中でも格段に安い費用であることは間違いありません。

通常の英会話教室でも平均12,000円くらいなので、約半額というところでしょうか。

料金の詳細をチェック

 

DMM英会話の教材は全て無料

DMM英会話教材

無料という表現は少し誤解があるかもしれませんが、これら教材費は月謝の中にすべて含まれています。

通常の英会話教室だとレッスン費用のほかに教材費として数万円請求されるので、その点DMM英会話は良心的だと言えるかもしれません。

また、これらの教材は中学や高校でも導入が進んでおり、信頼度もかなり高いことがわかっています。

教材の内容をチェック

 

DMM英会話は自分の好きな時間にレッスンを受ける事ができる

一般的な英会話教室だと午前10~午後7時までの間など、受講できる時間帯に制限があります。

しかし、DMM英会話は365日24時間自分の好きな時間帯を選んでレッスンを受講することができます。

忙しくて深夜や朝しか時間のない人にとっては大きなメリットですね。

 

DMM英会話の最新キャンペーンをチェック

DMM英会話 口コミ/料金について

Dmm英会話料金

DMMの料金プランは大きく分けて2つあります。

違いは講師が母国語を日本語か英語にしているネイティブか、それ以外となります。

また、1日1回のレッスンの場合の料金となります。

スタンダードプラン

こちらは非ネイティブの講師となります。

主にフィリピン人講師が多い印象です。

発音になまりがあったり、日本語での説明も少しつたない部分もありますが、海外旅行や海外で住もうと計画している人には十分な内容だと思います。

料金は6,480/月です。

 

プラスネイティブプラン

こちらは日本語や英語を母国語、つまり第一言語としている講師が多いプランになります。

アメリカ人、オーストラリア人、イギリス人、日本人などが多い印象です。

料金は15,800円/月です。

 

 

以上が基本的な料金ですが、これ以外にも1日2レッスン、3レッスン受講できるコースもあります。

1日複数回レッスンの料金をチェック

 

DMM英会話 口コミ/無料体験レビュー

 

DMM英会話には無料体験があります。

他の英会話教室などでは無料体験前に引き落とし口座やクレジットカード登録させて、正会員にならないと解約手続きをしなければならなかったりと面倒な場合が多いのですが、DMM英会話は無料体験後に検討して正会員になった時点で料金関係の手続きを行いますので、じっくりと検討することができます。

まず、無料会員登録で必要なのはメールアドレスだけです。

クレジットカード番号や銀行口座番号は必要ありません。

メールアドレスで会員になった後は、無料体験用の講師を選ぶことができます。

ここがポイントです。

講師にはそれぞれレビューの評価があるので、こちらを確認してから選びましょう。

評価の高い講師を選べば、まず間違いはありません。

あとは予約した時間になるとレッスンが始まります。

25分間ですが、あっという間に過ぎると思いますよ。

無料体験の様子をチェック

 

DMM英会話 口コミ/好評と悪評

DMM英会話口コミ

DMM英会話には良い口コミと悪い口コミの両方が存在しています。

これだけ安い料金で満足できない人もいるようです。

まずは良い口コミから紹介しますね。

 

DMM英会話の良い口コミ

 

 

講師を選ぶときに高評価を選ぶとハズレがない

コスパが良い

講師が多国籍なのでその国の面白い文化を教えてもらえる

 

このような内容が多いようです。

特に講師の選び方はとても重要になるので覚えておきましょう。

 

現在受講中の人の口コミをチェック

 

 

DMM英会話の悪い口コミ

電波状況が悪い場合がある

25分が短い

 

講師のなまりがひどい事もある

回線状況が悪い場合にはこちらではどうすることもできませんが、そういった場合はDMMに連絡すると対応してもらえるそうです。

また、なまりがひどい講師だと評価が低いので、なるべく評価の高い講師を選ぶことで解決します。

 

 

 

検定の種類と資格試験一覧
タイトルとURLをコピーしました